現地でグッズ贈られ笑顔 熊本のハピネッツファン・川津君

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田ブースターからプレゼントを受け取る川津侑大君=14日、熊本県立総合体育館

 熊本市で14日に行われたバスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の熊本ヴォルターズ―秋田ノーザンハピネッツで、一人の少年が、現地を訪れた秋田ブースターの人気を集めた。熊本市の小学3年生、川津侑大(ゆうだい)君(8)だ。熊本地震の復興支援のバスケットイベントが縁で秋田のファンになったといい、ツイッターなどを通じ、秋田ブースターの話題になっていた。

 川津君が秋田のファンになったのは、1月のBリーグオールスター戦がきっかけ。今年は復興支援を目的に熊本市で行われ、試合前日には被害の大きかった益城(ましき)町で選手が被災者らと触れ合うイベントも催された。

 川津君はこのイベントで、オールスター戦のメンバーだった秋田の田口成浩選手と出会った。田口選手に抱き上げてもらってダンクシュートを決めるなどしたことで、秋田が好きになった。その後、秋田のホーム戦で歌われる秋田県民歌も覚えたという。

(全文 737 文字 / 残り 346 文字)