秋田港にターミナルが完成 18日から供用開始【動画】

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田杉などの県産材をあしらった秋田港クルーズターミナルの内部

 クルーズ船観光客の利便性向上を目的に、県が秋田港中島埠頭(ふとう)に建設を進めていたターミナルが完成し、16日、報道機関に公開された。観光案内や土産物販売などの機能を備える。クルーズターミナルが整備されるのは東北では初めて。18日には今年初のクルーズ船が寄港する。

 ターミナルは昨年10月に着工し、先月26日に完成した。鉄骨平屋建てで、延べ床面積は約659平方メートル、高さ約9・7メートル。外観は白を基調とし、岸壁側は前面ガラス張りで内部からクルーズ船が見渡せる。収容人数は約200人。

(全文 536 文字 / 残り 291 文字)