4年連続死者ゼロ、春の交通安全運動期間 秋田県内

お気に入りに登録

 秋田県警は16日、春の全国交通安全運動期間(6~15日)中に県内で発生した交通事故の状況をまとめた。死者は4年連続ゼロ。事故の発生件数は昨年の期間中より6件少ない36件、負傷者数は7人減の48人で、いずれも過去10年で最少となった。

 県警交通企画課によると、65歳以上の負傷者は7人減の8人。高齢運転者による事故は10件で、前年から5件減った。

(全文 285 文字 / 残り 112 文字)