地域活性化へ、観光振興で連携 大館市とJAFが協定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
協定書を交わし握手する福原市長(右)と伊藤支部長

 秋田県大館市と日本自動車連盟(JAF)秋田支部は17日、観光振興に向けた取り組みを推進する協定を結んだ。県内では仙北市、五城目町などが同支部と協定を結んでおり、大館市は9例目。

 市役所で行われた締結式では、福原淳嗣市長が「大館には国内外に発信できるコンテンツがある。交流人口の拡大に向け、何よりも頼りになる協定だ」とあいさつ。伊藤哲之支部長は「全国の会員に、大館市の観光情報などを積極的に発信していきたい」と述べた。

(全文 370 文字 / 残り 161 文字)