おもてなし盛大に クルーズ船今年初寄港で官民連携

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ダイヤモンド・プリンセスから下船する乗客=秋田港中島埠頭(ふとう)

 秋田県内で今年初となるクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が18日、秋田港に寄港した。クルーズ船客の消費意欲の喚起や満足度向上に向け、秋田市中心部では本県の特産品を売り込む観光物産展や秋田犬との触れ合いコーナーなど、官民連携によるさまざまなおもてなしイベントを実施した。

 県港湾空港課によると、プリンセス号の乗客は約2750人。このうち、8割程度が観光で下船したとみられる。

 秋田港駅―JR秋田駅間(8・9キロ)で専用列車「あきたクルーズ号」を運行したJR秋田支社は、秋田駅中央改札口付近に、案内カウンターを開設。社員や国際教養大の日本人学生が英語などで、切符の購入方法や観光名所を紹介した。

(全文 891 文字 / 残り 593 文字)