入院患者に春届ける 雄勝中央病院にお花見弁当

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
春を感じさせる華やかな弁当とソメイヨシノが届き、笑顔を見せる入院患者(右)

 秋田県湯沢市の雄勝中央病院は19日、入院患者約200人の給食に「お花見弁当」を提供した。季節の食材を使い、見た目も春を感じさせる華やかさ。花を咲かせたソメイヨシノの小枝を添えて届けると、患者は顔をほころばせた。

 同病院は約30年前から春と秋の年2回、入院患者が季節を感じられるように特製の弁当を提供している。

(全文 427 文字 / 残り 272 文字)