夏の甲子園秋田大会は7月11日開幕 会期を1日短縮

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
本年度の大会日程などを決めた県高野連の評議員・理事会

 この夏に第100回大会を迎える全国高校野球選手権大会(8月5~21日・甲子園球場)の秋田大会は、7月11~21日の11日間(健康管理日含む)、秋田市のこまちスタジアムなど県内4球場で開かれることが決まった。参加は昨年より3チーム少ない44チームとなる見込み。19日に秋田市の秋田ビューホテルで開かれた県高野連の評議員・理事会で承認された。

 昨年12月の評議員・理事会で今夏の秋田大会を7月10~21日の12日間とする案が示されたが、本年度部員ゼロとなった小坂が県高野連から脱退したほか、3校による「連合チーム」が2チームとなったため、県高野連は現状のまま夏を迎えた場合、会期を1日縮めることが可能と判断。開幕を後ろにずらした。

(全文 865 文字 / 残り 551 文字)