小坂七滝ワイナリー待望の赤、28日発売

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小坂七滝ワイナリーのロゴマークをあしらった2種類の赤ワイン

 秋田県小坂町の「小坂七滝ワイナリー」で醸造した赤ワインが完成し、19日の町観光フォーラムでお披露目された。昨年12月に販売した白・ロゼに続く、同ワイナリー商品の第2弾。28日に町内の酒販店などで発売する。

 原料は、ワイナリー近くの鴇(ときと)地区で栽培されたヤマブドウ交配種を使用。口当たりが柔らかく爽やかな「ワイングランド」と、濃い色調で酸味が特徴的な「小公子」の2種類がある。販売価格は、いずれも720ミリリットル入りで2千円(税別)。ワイングランドは2500本、小公子は500本を初出荷する。

(全文 672 文字 / 残り 422 文字)