「秋田生まれ」実はドイツでした 死んだ最高齢ジャガー

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
国内最高齢の22歳で死んだ雄のジャガー「ジャガオ」(天王寺動物園提供)

 大阪市の天王寺動物園は、18日に22歳で死んだ国内最高齢のジャガー「ジャガオ」の出生地について、秋田市の大森山動物園ではなく、ドイツのドルトムント動物園だったと19日、発表訂正した。

 職員の確認が不十分だったことが原因で、19日に他の資料を見て誤りに気付いたという。

 天王寺動物園によると、ジャガオは1995年11月27日にドルトムント動物園で生まれ、97年に大森山動物園に移り、2002年に天王寺動物園に来た。