ハピネッツ、21日から大館で仙台戦 POへ連勝で弾みを

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
熊本戦で相手外国人選手を守る中山(右)。けがの影響を感じさせない活躍だった=熊本県立総合体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)東地区首位の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は、21日午後6時からと、22日午後2時から、大館市のタクミアリーナで、東地区4位の仙台と戦う。3月28日以来となるホーム戦を連勝で飾り、1部(B1)昇格を懸けた5月中旬のB2プレーオフ(PO)に弾みを付けたい。ゲームスポンサーはDOWAグループ。

 仙台は21勝32敗。ただ、ここ2節で3勝1敗と調子が上向いている。ガード石川海斗のアシスト、フォワード・ウィリアムスのリバウンドと3点シュート(3P)は共にリーグ10傑。今季の直接対決は秋田が4戦全勝している。

(全文 701 文字 / 残り 427 文字)