能工高、平成高など3回戦へ 県総合バスケ開幕

お気に入りに登録

 バスケットボールの第73回県男女総合選手権大会が20日、秋田市のCNAアリーナなど3会場で開幕した。高校から一般までの男子42、女子23チームが出場。初日は男女1回戦と男子2回戦を行った。男子2回戦では能代工高と平成高、解散した三種体協琴丘が母体のクラブチーム・blaze akitaなどが順当に勝ち上がった。女子1回戦は秋田中央高、和洋高、秋田大などが勝ち進んだ。

 この大会は9月に仙台市で行われる第94回天皇杯・第85回皇后杯全日本選手権大会東日本1次ラウンドに出場する男女の県代表決定戦を兼ねる。第2日の21日は、午前9時からCNAアリーナで男女の準々決勝までを行う。