TDKがJR下し26度目V 社会人野球秋田春季大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【決勝・JR秋田―TDK】6回裏2死二塁、TDKの皆川が右前適時打を放つ

 社会人野球の第71回JABA秋田春季大会最終日は22日、大仙市の協和球場で準決勝、決勝を行った。

 決勝は好機を確実にものにしたTDKがJR秋田を6―4で振り切り、2年連続26度目の優勝を飾った。

 個人賞は、決勝で5回1失点と好投した畠山慎平(TDK)が最優秀選手賞、大井佑磨(同)が打撃賞、麻生真(JR秋田)が敢闘賞をそれぞれ受賞した。