安倍首相、拉致前進極めて重要 北朝鮮の核実験中止宣言で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
拉致被害者家族らと面会し、あいさつする安倍首相(右から2人目)=22日午後、東京都千代田区

 安倍晋三首相は22日、北朝鮮による日本人拉致被害者の家族らと東京都内で面会し、北朝鮮による21日の核実験中止宣言に関し「何よりも拉致問題を前進させるかが極めて重要だ」と強調した。「実際に核を含む大量破壊兵器や弾道ミサイルの廃棄へ動くのか、慎重に見極めなければならない」とも述べた。核・ミサイルと拉致問題の包括的解決が必要だとの立場を重ねて示した形だ。

 この後、東京都内で開かれた拉致問題解決に向けた「国民大集会」で首相は、被害者帰国へ政府が主体的に取り組むと表明。「即時帰国に向け北朝鮮への働き掛けを一層強化する」と述べた。