男子100m、宮本10秒41 陸上の出雲大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男子100メートルで10秒41を記録した宮本大輔(右端)=島根県立浜山公園陸上競技場

 陸上の出雲大会は22日、島根県立浜山公園陸上競技場で行われ、招待選手による男子100メートルは、京都・洛南高時代に全国高校総体を2連覇し、今春、東洋大に入学した宮本大輔が追い風0・7メートルで10秒41を記録し、2位となった。1~3位は千分の1秒のタイム差で決まった。宮本は午前に行われた1回目のレースでは追い風2・0メートルで10秒41だった。

 非五輪種目の男子300メートルに出場した昨年の世界選手権400メートルリレー銅メダルメンバーの藤光謙司(ゼンリン)は33秒36の5位だった。

 女子100メートルは前山美優(新潟アルビレックス)が11秒85で優勝。