なまはげ太鼓、常設公演始まる 男鹿温泉交流会館「五風」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今年初の常設公演で演奏を披露する「恩荷」

 秋田県男鹿市北浦湯本の男鹿温泉交流会館「五風」で21日夜、なまはげ太鼓の常設公演が始まった。11月30日までほぼ毎日、地元の若者でつくる太鼓チーム「恩荷(おんが)」が勇壮な演奏となまはげのパフォーマンスを披露する。

 21日の公演には温泉郷の宿泊客ら約400人が集まった。なまはげが力強く太鼓をたたいたり、会場内を練り歩いたりする姿に大きな歓声が上がった。40分ほどでオリジナルの4曲が披露され、観客は熱演に手拍子を打って盛り上がった。

(全文 618 文字 / 残り 400 文字)