内陸線沿線にこいのぼり 阿仁川や駅構内【動画】

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
阿仁川の上を勇壮に泳ぐこいのぼり

 秋田県北秋田市の秋田内陸線阿仁合駅周辺にこいのぼりが登場し、大空を勇壮に泳ぐ姿が乗客や観光客、地域住民らに親しまれている。沿線の風景を彩り内陸線の利用客増加につなげようと、運行する秋田内陸縦貫鉄道と阿仁合駅前のコミュニティースペース「阿仁合コミューン」が初めて企画した。

 今年1~3月、家庭で不要になったこいのぼりを募集。旧阿仁町出身者を中心に県内や首都圏などから、計188匹が提供された。

 阿仁合駅近くの阿仁河川公園で22日、縦貫鉄道社員や地域住民ら約10人が設置作業に当たった。高所作業車や重機を使い、阿仁川の上に長さ約150メートルのロープを渡し、30匹のこいのぼりを泳がせた。

(全文 422 文字 / 残り 129 文字)