工事費過大請求、東北電に改善勧告 経産省

お気に入りに登録

 東北電力は16日、電圧7千ボルト超の「特別高圧」の電力を扱う工場や発電所の電線工事費を過大請求していた問題で、経済産業省から電気事業法に基づく業務改善勧告を受けたと発表した。勧告は同日付。過大請求した企業への適切な対応や再発防止策を講じ、今月末まで文書で報告するよう求めている。

(全文 512 文字 / 残り 372 文字)