光通信に入ってBB秋田“強化” 利用料の一部を支援金に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「ブラウブリッツ光」の加入を呼び掛けるポスター

 サッカー明治安田J3のブラウブリッツ秋田(BB秋田、岩瀬浩介社長)が、光通信サービス「ブラウブリッツ光」の加入キャンペーンを実施している。インターネットや電話の利用料金の一部がチームへの支援金となる内容。特典として観戦チケットなどがもらえる。7月末まで。

 サービスは、情報通信業コネクト(秋田市、中村猛留(たける)社長)と共同で、NTT東日本の光通信サービス「フレッツ光」と同じ光ファイバー回線を使い提供。利用料金から得られる利益の一部を支援金に充てる仕組みで、支援金額は契約内容により変動するが、1回線当たり最大月額800円となる。

 フレッツ光の契約者は切り替えても料金は変わらない。新たにインターネットを始めたり、フレッツ光以外から加入したりする場合は、初期工事費用や契約手数料が発生する。

(全文 642 文字 / 残り 294 文字)