ビートたけし、週刊誌報道に怒り「マヌケなことを書いている」 独立騒動で毒ガス連発

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ビートたけし (C)ORICON NewS inc.

 タレントのビートたけしが17日、都内で行われた自身プロデュースの新アパレルブランド「KITANOBLUE」のデビュー展示会および発表イベントに登場。「オフィス北野」を退社し、新事務所「T.Nゴン」に移籍したことが騒動化しているが、この日のイベントでは“毒ガス噴射”が止まらなかった。

【動画】独立騒動で怒りを隠せないビートたけし

 報道陣から「新しい事務所になってから、より忙しくなっていませんか?」と働きぶりを指摘されると「何か忙しくなっちゃったんだよな。もともとオレの事務所なんだから、そこを出ていこうが別に何も問題ないんだけどね」とチクリ。たけし軍団との関係については「けっこう、連中が遊びに来たり相談に来たりするよ」と明かし「みんないい歳だから、将来のことを考えてやらないといけない。でも、今までこれだけやってきたのは大したもんだと思うよ」と語った。

 その上で「なんで騒動になったのかよくわかんないだけど、騒動になるんだったらしてやろうっていう気持ちもあったけど、週刊誌があまりにマヌケなことを書いているからさ」と怒りをにじませたコメント。「本当のことを言ったら、みんなひっくり返っちゃうよ。ただ、そこで文句を言っちゃうと、それで儲けようとするやつが出てくるからさ。でも、テレビ局の人間とかもみんな本当のことを知っていると思うよ」と含みをもたせた。

 オフィス北野の今後については「事務的に何の問題もなければ、誰が社長をやっても問題ない」ときっぱり。また、「世間がね、お笑いの時代じゃないしね。テレビ局だって、昔は視聴率が30%切ったら、番組やめようかって言っていたのに、今じゃ10%超えたら張り紙しているんだから、客離れがすごいよ。若い人たちなんかは、みんなスマホで済ませるからね」と時代の変化をしみじみと語った。

 小説の執筆も絶好調のようで、今年も現時点で6冊を書き終えたという。映画を撮影する意欲もあるそうだが「今、NHKが入っていて、来年いっぱいは大河(ドラマ)だから。台本も3本くらい書いていて、それをどこで撮るかっていう話はしているんだけどね。そういえば、バカヤローが『これまで2人3脚でやってきて』なんて言っていたけど、オレがひとりで脚本もやってきたに決まってんじゃねーか」と語気を強めていた。

同じジャンルのニュース