IPC、東京パラ予算「不確実」 詳細算定求める

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
事務折衝を終えて記者会見するIPCのゴンザレスCEO(左)と組織委の武藤敏郎事務総長=18日午後、東京都港区

 2020年東京パラリンピックの準備状況を確認する国際パラリンピック委員会(IPC)と大会組織委員会との第5回事務折衝は18日、2日間の協議を終えた。東京都内で記者会見したIPCのゴンザレス最高経営責任者(CEO)は組織委が見込む1200億円の運営費について「不確実なところがある」として、より詳細な算定と説明が必要との考えを示した。

 組織委は五輪と併せ、大会経費の削減を進めている。ゴンザレスCEOは「基本的な線が分からないと、どこでコスト削減ができるのか見えてこない」と注文をつけた。