7人制男子新HCに岩渕氏 ラグビー、東京五輪まで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
7人制男子日本代表の新ヘッドコーチ就任が決まり、記者会見する岩渕健輔氏=21日、東京都新宿区

 日本ラグビー協会は21日、東京都内で記者会見し、7人制男女代表の強化態勢を統括する岩渕健輔総監督(42)が、男子代表のヘッドコーチ(HC)を兼任すると発表した。現在のダミアン・カラウナHCは5月末の任期満了後に退任する。

 岩渕氏の任期は6月から2020年東京五輪終了までになる見通しで「グラウンドに立って大きな成果を上げたい。覚悟を持って取り組みたい」と、目標に五輪のメダル獲得を挙げた。

 イングランドでのプレー経験を持つ岩渕氏は15人制と7人制で日本代表として活躍。引退後は日本代表ゼネラルマネジャーとして15人制の15年W杯の歴史的3勝などに貢献した。