3年で移住者100人突破、由利本荘市 サポート体制充実

お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市仕事づくり課が新設された2015年4月以降、同市に移住した人が63組126人(4月末現在)に上った。課内に無料職業紹介所を開設し、移住定住を強力にバックアップしてきた。100人の大台突破を受け、同課は「行政の強みを生かし、ワンストップで移住希望者をサポートする体制を構築できたことが大きい」と話している。

 最大の強みが課内に開設する無料職業紹介所だ。ハローワークが扱う求人票だけでなく、職員自ら地元企業を回り、独自の求人を開拓し提供している。仕事に関する悩みに寄り添い、一緒に働き口を探していくという。採用面接で本県を訪れる場合には交通費助成なども行っている。

(全文 859 文字 / 残り 570 文字)