高校野球、始球式リレーの出発式 夏の甲子園、100回迎える

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「100回つなぐ始球式リレー」の出発式で、最初の始球式を行う日本高野連の八田英二会長=30日午前、大阪府豊中市

 今夏で第100回を迎える全国高校野球選手権大会の記念行事「100回つなぐ始球式リレー」の出発式が30日、大阪府豊中市の「高校野球発祥の地記念公園」で行われた。日本高野連の八田英二会長ら9人が最初の始球式を実施。9個のボールは全国56の地方大会を巡り、甲子園球場で10個目のボールを使用して行う始球式で、計100回のリレーが完成する。

 高校球児の聖地といえば甲子園球場だが、1915年に行われた第1回大会は大阪・豊中グラウンドで開催された。高校野球発祥の地記念公園は88年にグラウンド跡地北側に整備され、昨年リニューアルした。