「3校連合」2チーム登場 夏の甲子園・秋田大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
生還した選手を迎える男鹿海洋・能代西・二ツ井の選手たち=2日・三種町ことおか中央公園スカルパ野球場

 今年第100回を迎える全国高校野球選手権(夏の甲子園)秋田大会(7月11日開幕)に、部員不足の3校でつくる「連合チーム」が二つ出場する。「男鹿海洋・能代西・二ツ井」(選手計14人)と「大農太田・雄勝・矢島」(同12人)だ。過去の秋田大会で2校の連合チームはあったが、3校連合は初。合同練習が土・日曜や祝日に限られる中、選手たちは大会に出場できる喜びをかみしめながら練習に励んでいる。

(全文 1191 文字 / 残り 999 文字)