雪中貯蔵酒「七曲り峠」、蔵出し 羽後町田代、菅原酒店

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雪蔵から出された「七曲り峠」

 秋田県羽後町田代の菅原酒店が、プライベートブランドの雪中貯蔵酒「七曲り峠」を販売している。安定した低温と湿度で貯蔵したことにより、まろやかな味わいに仕上がっているという。今月6日に蔵出しした。

 雪中貯蔵酒は店主の菅原弘助さん(67)が雪を有効活用しようと1995年に始めた。雪蔵は店の裏にあり、コンクリート製で高さ、幅とも2メートル、奥行き6メートル。上から雪を4メートルほど積み上げて断熱シートで覆っている。

(全文 474 文字 / 残り 268 文字)