地上イージス配備に理解「今は白紙」 大臣発言受け佐竹知事

 地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)の配備先の決め方について小野寺五典防衛相が「地元首長の理解が必須」と発言したのを受け、佐竹敬久知事は9日、取材に対し「理解するかしないかは今の段階では全く白紙」と述べた。

 配備候補地には秋田市の陸上自衛隊新屋演習場と山口県萩市の陸自むつみ演習場が挙がっている。

(全文 544 文字 / 残り 379 文字)
© 2018 Akita Sakigake Shimpo