秋田魁新報社

お知らせ

お知らせ

4月から紙面が変わります

2017年3月30日

 秋田魁新報社は4月1日から紙面のリニューアルや紙面構成の変更を行うとともに、新たなページ、コーナーをスタートさせます。

 1面は、その日の注目ニュースが一目で分かるように、題字下の紙面案内を拡充。天気予報、コラム「北斗星」は現在の情報量を変えることなく、読みやすさに配慮したコンパクトな形になります。

 第1~4社会面が連続する紙面構成とし、ニュースや話題を見開きページでダイナミックに展開します。これに伴い、最終テレビ欄の裏面にある番組紹介欄は、情報ひろば(キップ情報や中学自習室)と向かい合わせの面に移動。民放BS番組を最終テレビ欄に移し、番組紹介欄には料理番組のレシピ紹介コーナーを新設します。

 毎週水曜日付には、さまざまなイベント情報を1週間分まとめて掲載する週間情報欄を新設。新コーナーの「3分チャレンジ」は図形や数字を使ったパズルで、頭の体操として楽しく解いていただけるでしょう。月曜日付「農林漁業と食」欄はあきた経済欄(火―土曜日付)に統合します。

 日曜日付の「にちよう遊学空間」では9日付から新企画「拝見 この道~芸術文化へのいざない」が始まります。茶道や篆刻(てんこく)、舞踊など芸術、文化の各ジャンルを2週にわたって取り上げ、その魅力を紹介します。月1回の「秋田お祭り歳時記」は継続します。

 このほか、くらし欄をリニューアルし、月曜日付となるシニア欄にシニア川柳コーナーを新設するほか、健康・医療のページを現在の週1回から月、土曜日付の2回に増やします。


シップ

さきがけホール

秋田魁新報創刊140年を記念事業として開設。読者・県民の芸術文化向上のお手伝いをいたします。

さきがけNewsCafe

コーヒーを味わいながら、ゆっくりと新聞をお読みいただけるスペース。本社主催事業を中心としたチケット販売も。