秋田魁新報社

職場紹介

編集局

ニュースを追いかけ、取材に回る編集局の記者

整理部の記者は魅力的な見出しとレイアウトで読者を引き付ける

 地域に密着したニュースを取材し、紙面を作るのが編集局です。外勤記者の報道センターと内勤記者の制作センターがあります。

 報道センターは政治経済部と社会部、文化部、ビジュアル報道部に分かれ、記者は政治や経済、事件事故、スポーツ、文化などのニュースを取材、分析し、記事にします。本社のほか、県内の支社・支局と東京支社の記者も地域や秋田のニュースを追っています。

 これらの記事に共同通信社などが配信する国内外のニュースを加え、最新のシステムで紙面を編集するのが制作センターの整理部と制作部です。限られたスペースと締め切り時間の中で、記者はニュースを価値判断し、的確で魅力的な見出しを付け、レイアウトします。

 一方、デジタル戦略室では、電子新聞「さきがけ電子版」のほか、さきがけ on The Web、携帯電話サイトなどのデジタルメディアで、県内や国内外のニュースを配信しています。

 「さきがけ」は、記者やスタッフの総合力で、秋田の元気をけん引する、分かりやすい紙面作りと情報発信に努めています。

営業局

企画会議で活発に意見を交換

 営業局は、販売局とともに新聞社の経営を支える二本柱のひとつです。県民生活に密着した新聞広告は、記事と同様に県民読者の生活に欠かすことのできない貴重な情報源となっています。

 営業局は、広告主を訪問したり、広告会社と連携して営業活動を行う部門です。新聞広告のほか、フリーペーパーの発行や各種イベントの主催、住宅展示場の運営、売上管理なども行っています。

 営業マンは、広告主や読者のニーズを、創造力や企画力で掘り起こし、情報としてタイムリーに紙面化することが求められます。毎日の紙面以外にも、各種特集号や情報満載のタブロイド版などを、随時発行しています。

事業局

日本画の秀作が並ぶ春の院展・秋田展=秋田市のアトリオン

 県民に豊かで潤いのある生活を送ってもらうことを目的に、文化、スポーツ、政治経済など幅広い分野の事業を主催、後援しているのが事業局です。一般企業にはない新聞社ならではのセクションといえます。

 日本画の粋を集めた院展・秋田展、県民の芸術を一堂に展示する県展、全国から高校剣士が集う魁星旗争奪剣道大会、“おやじたちの甲子園”全県500歳野球、全県少年野球、秋田書道展などのほか、囲碁、将棋大会も開催。人気作家の絵画展やフォーラム、セミナーなども随時開き、国内外の旅行も数多く企画しています。

 第一線で活躍する講師を招き、「いま」を解説する政経懇話会も毎月、県北、県央、県南で開催。漢字、歴史、ニュース時事の能力検定も実施しています。

 県民の知識欲に応える書籍も出版しています。最新情報をまとめたデータファイルやニュース写真集、歴史、文化、医学などジャンルは多岐にわたります。


シップ

さきがけホール

秋田魁新報創刊140年を記念事業として開設。読者・県民の芸術文化向上のお手伝いをいたします。

さきがけNewsCafe

コーヒーを味わいながら、ゆっくりと新聞をお読みいただけるスペース。本社主催事業を中心としたチケット販売も。