NIEニュース > 2013年度

15年全国大会秋田大会の準備委員会設立

第20回NIE全国大会秋田大会に向けて開かれた準備委員会設立総会

 2015年に秋田市で開催する第20回NIE全国大会秋田大会の準備委員会設立総会が28日、同市のルポールみずほで開かれた。委員長に、県NIE推進協議会の阿部昇会長(秋田大教育文化学部教授)を選出。大会を同年7月30、31の両日に行うことを了承した。会期は来月開かれる日本新聞協会の博物館・NIE委員会で正式決定する見通し。

 大会は、教育、報道関係者の情報交換の場とする目的で、新聞協会が全国持ち回りで毎年開催している。本県で開かれるのは初めて。県教育委員会と秋田市教育委員会の共催で、秋田魁新報社(小笠原直樹社長)と同協議会が主管する。

 総会には、教育関係者と新聞・通信社の計27人が出席した。阿部委員長が「大会に向けてさまざまな研究が行われることで、新しいNIEの動きが全県に広がると考えている。秋田の教育を全国に発信する機会にもなる。秋田大会をNIEの歴史に残るものにしたい」と抱負を述べた。

 秋田大会の概要として、県民会館を主会場に市中心部で開催することを了承した。大会では記念講演のほか、小中学校と高校の公開授業などを予定している。

(2013/10/29 秋田魁新報掲載)