NIEニュース > 2014年度

県学校新聞コンクール、優秀賞に3校選出 県高校文化連盟

 県高校文化連盟新聞部会による第19回県学校新聞コンクールの審査会が9日、秋田市の秋田魁新報社で開かれ、優秀賞に横手の「あをくも」、金足農の「金足農新聞」、新屋の「新屋高新聞」が選ばれた。3校は来年夏に滋賀県で開かれる全国高校総合文化祭に県代表として参加する。

 県内16校の新聞部や生徒会が過去1年間に発行した計16点の応募があった。各校の新聞部顧問らが▽社会との関わりが見えるか▽学校の特色が出ているか▽読みやすいレイアウトか―などを基準に審査を行った。

 「あをくも」は生徒アンケートや学外への取材を通じ、地域の課題をシリーズで追い掛けた。「金足農新聞」は校内からごみが出る要因について生徒への取材や他校へのアンケートを行うなど、ごみの発生要因を多角的に考察。「新屋高新聞」は盛りだくさんの記事をコンパクトにまとめるなど紙面構成に工夫が見られた。

 今回から意欲的な紙面を対象とした秋田魁新報社賞が設けられ、2校が受賞した。表彰式は来月5日に秋田市のジョイナスで開かれる。(高橋雄悦)

 優秀賞を除く結果は次の通り。

 ▽優良賞=能代松陽「松陽新聞」▽秋田魁新報社賞=能代西「能代西高新聞」、横手定時制「青雲館新聞」▽企画賞=横手「あをくも」▽割付賞=新屋「新屋高新聞」

 ※最優秀賞、コラム賞は該当なし

(2014/10/10 掲載)