NIEニュース > 2015年度

日本新聞協会、実践校に545校指定 本県からは12小中

 日本新聞協会は8日、学校の授業など教育現場で新聞を活用する「NIE」(教育に新聞を)の、2015年度実践指定校545校(前年度から23校減)を発表した。

 内訳は、小学校228校、中学校187校、高校116校、小中連携1校、中高連携9校、特別支援学校4校。15年度からの新規指定校は239校で、残る306校は継続校となる。

 本県からは成章小(大館市)、浅内小(能代市)、東小(秋田市)、豊川小(大仙市)、朝倉小(横手市)、八幡平中(鹿角市)、能代南中(能代市)、能代第二中(同)、男鹿南中(男鹿市)、協和中(大仙市)、由利中(由利本荘市)、羽後中(羽後町)の12校が指定を受けた。

 本県では新聞協会とは別に、県NIE推進協議会が独自に実践校を認定している。本年度の協議会認定校は秋田大付小(秋田市)、上川大内小(由利本荘市)、八郎潟中(八郎潟町)、秋田南高(秋田市)、雄物川高(横手市)、横手高定時制(同)の6校。

 今年のNIE全国大会は30、31日に秋田市で開かれる。「『問い』を育てるNIE―思考を深め、発信する子どもたち」をスローガンに、県内の小中学校、高校による公開授業や実践発表が行われる。

(2015/07/09 秋田魁新報掲載)