NIEニュース > 2015年度

県推進協議会臨時総会 「活動をより活発に」

米田県教育長、越後秋田市教育長の顧問就任を決めた臨時総会

 県NIE推進協議会の臨時総会が21日、秋田市の秋田魁新報社で開かれ、米田進・県教育長と越後俊彦・秋田市教育長を協議会顧問とすることを決めた。

 教育関係者と新聞社、通信社から会員8人が出席。阿部昇会長(秋田大教育文化学部教授)が「学習指導要領改定に向けた議論では、批判的思考力や課題発見力が重視されている。NIEの意義は強まっており、県内の活動をより活発にしたい」とあいさつした。

 7月に秋田市で開かれた第20回NIE全国大会秋田大会を契機に、小学校から高校まで幅広く新聞活用を進めるため、両教育長が顧問に就任する役職員案を承認。副会長の鎌田信・県教育次長は「大会を通じ新聞活用の有効性を教員が認識できた。県と秋田市、協議会が連携し、NIEの推進に向けて取り組みたい」と述べた。

(2015/12/22 秋田魁新報掲載)