NIEニュース > 2018年度

大震災復興テーマ 7月盛岡、全国大会参加募集

 7月26、27両日に盛岡市を主会場に開かれる第23回NIE(教育に新聞を)全国大会(日本新聞協会主催)の参加募集が10日、始まった。大会スローガンは「新聞と歩む 復興、未来へ」で、教育関係者らが授業での新聞活用例を報告し、東日本大震災からの復興や教育に報道がどう関わるべきかを議論する。

 初日は斎藤孝・明治大教授(教育学)が「新聞力と復興」と題して記念講演し、高校生や大学生、教育・報道関係者による座談会を開催。2日目は盛岡市と、被災した岩手県大槌町が設立した小中一貫校の大槌学園で、それぞれ公開授業などが行われる。

 参加申し込みは6月15日まで、大会実行委員会事務局を務める岩手日報社のウェブサイトで受け付ける。参加費は教育関係者・一般が2千円で、報道関係者は1万5千円。大槌町の公開授業参観は別途、旅費が必要。問い合わせは岩手日報社読者センターTEL019・654・1208。

 大会は1996年から毎年開催され、昨年は名古屋市で開かれた。

(2018/05/11 秋田魁新報掲載)