TOP > 秋田ブランチ会 > 設立総会

秋田ブランチ会

秋田魁新報社と情報交換 業界の枠を超え親睦も

「秋田ブランチ会」設立総会
業界の枠を超えた情報交換などを目的とした秋田ブランチ会の設立総会=秋田市のホテル

 県内に事業所を構える県外企業・団体を会員とし、秋田魁新報社との情報交換や業界の枠を超えた親睦(しんぼく)を目的とする「秋田ブランチ会」の設立総会が4月25日、秋田市のホテルメトロポリタン秋田で開かれた。会長に小野塚弘・東北電力執行役員秋田支店長を選出したほか、本年度の事業計画などを承認した。

 総会に先立ち、佐藤暢男・秋田魁新報社社長が設立趣旨の説明を交えてあいさつ。「秋田を外から見る皆さまの視点や知恵を、紙面制作に生かしていきたい。会を通じて秋田の良さを知ってもらい、皆さまの企業活動の実態も紙面で紹介するなどしてきずなを深めていければと思う。情報提供も積極的にお願いしたい」などと述べた。

 会の名称であるブランチは、「枝分かれ」「支店」などの意味を持つ英語の「branch」から取った。設立時の会員は61社。同社広告局に事務局を置く。総会では、本年度事業として計7回の定例会や夏祭り・冬祭りの視察、秋田魁新報社の紙面制作見学会などを行うことを決めたほか、役員を全会一致で選出した。

 引き続き第1回定例会を開き、小笠原直樹・同社編集局長が県内市町村の首長選や寺田県政などについて講演した。

 会長以外の役員は次の通り。

 ▽副会長=安部清尊・三菱マテリアル秋田製錬所長▽幹事=前田健二・JTB東北秋田支店長、今野栄・NTTドコモ東北秋田支店長、秋庭努・西武百貨店秋田店長▽会計監事=佐藤明彦・農林中央金庫秋田支店長

(2006/04/26 更新)