TOP > 秋田ブランチ会 > 2012年度総会

秋田ブランチ会

新会長に笹川氏

秋田市で2012年度総会

 県内に支店・支社や営業所を置く県外企業48社と秋田魁新報社でつくる親睦組織「秋田ブランチ会」の2012年度総会が30日、秋田市の秋田ビューホテルで開かれた。役員改選で新会長に笹川稔郎・東北電力執行役員秋田支店長、副会長に淺見郁樹・JR東日本執行役員秋田支社長を選んだ。総会後の定例会では、前田和久・県観光文化スポーツ部長が講演した。

 総会では笹川会長が「秋田は豊かな風土と文化がある地域と感じている。メンバーと親睦を深めつつ、会の発展に寄与したい」とあいさつした。

 4月に新設された県観光文化スポーツ部の前田部長は講演で、観光振興への考え方を説明。旅行関連会社社長から部長に起用された自らの任務について「すぐに観光客を増やせるわけではない。秋田の観光の方向性を示し、じわじわと観光客を増やすための(官民の)人材育成を目指す」と強調。県の役割に関しては「民間を盛り上げる黒子。観光の成功モデルをつくっていきたい」と述べた。

 会長、副会長以外の役員は次の通り。

 ▽幹事=富岡清一郎・アサヒビール秋田支社長(新任)、田村彰敏・NTT東日本秋田支店長(同)、柴田一之・鹿島建設秋田営業所長(再任)▽会計監事=三村昇・みずほ銀行秋田支店長(同)

(2012/07/31 更新)