TOP > 秋田ブランチ会 > 2014年度総会

秋田ブランチ会

笹川会長を再任

秋田市で2014年度総会
笹川会長を再任した秋田ブランチ会総会

 県内に支社・支店を置く県外企業など50社と秋田魁新報社の親睦組織「秋田ブランチ会」は26日、秋田市の秋田キャッスルホテルで2014年度総会を開き、役員改選で会長に笹川稔郎・東北電力執行役員秋田支店長、副会長に淺見郁樹・JR東日本執行役員秋田支社長をそれぞれ再任した。

 会員企業から約55人が出席。笹川会長は「秋田の文化を知り『口コミ大使』として県の発展に尽力するのがわれわれの立場。国民文化祭に向け活発に活動していこう」とあいさつ。小笠原直樹・秋田魁新報社社長は「人口減少が進む本県に、皆さまの外からの視線による提言を頂きたい」と述べた。本年度事業では、定例会6回、県内視察2回を行うことを決めた。

 総会に続く第1回定例会では、秋田魁新報社の泉一志政治経済部長、小川浩義文化部長、赤石昌之報道センター長兼社会部長がそれぞれ、県政、国民文化祭、スポーツを通じた地域活性化をテーマに講演した。

 他の役員は次の通り。任期は1年。

 ▽幹事=上田敏・アサヒビール秋田支社長(新任)、伊藤耕一・鹿島建設秋田営業所長(再任)、田村彰敏・NTT東日本秋田支店長(再任)、熊谷清隆・秋田魁新報社常務取締役(新任)▽会計監事=野口進司・みずほ銀行秋田支店長(再任)

(2014/05/27 更新)