お気に入り
  • 有権者数:276,022
  • 投票者数:165,945
  • 投票率:60.12%
  • 有効:161,640
  • 無効:4,301
  • 持ち帰り・不受理:4
金田 勝年
自・前
74,835
得票率:46.30%
緑川 貴士
希・新
73,163
得票率:45.26%
藤本 友里
共・新
13,642
得票率:8.44%

赤いバラは小選挙区、黄色いバラは比例での当選または当確

市町村別の開票状況・結果をご覧になるには「さきがけ電子版」への登録が必要です。

閲覧可能コース
すべて(ウェブS、ウェブM、ウェブL、新聞併読、電子版単独)
  • 玄葉氏「松浦氏当選前提だった」 衆院選秋田1区コスタリカ

     30日の民進党全国幹事会に出席した秋田県連の小原正晃幹事長によると、玄葉光一郎元外相は今回衆院選に希望の党から出馬した党比例東北の寺田学氏、秋田1区で落選した松浦大悟氏との間で採用された「コスタリカ…

  • 衆院選「野党側に敗因」 希望、民進関係者が謝罪や反省

     先の衆院選で当選した秋田県の希望の党国会議員や民進党県連関係者が26日、秋田市で開かれた連合秋田の定期大会であいさつし、希望が不振に終わった選挙結果について謝罪や反省の言葉を述べた。

  • 【衆院選】戦いの軌跡(下)[1区]冨樫氏盤石、票固め

     「序盤、中盤以降で手応えが違ってきた。反応してくれる人が減っていった印象」。希望の党の松浦大悟氏(48)は22日の敗戦の弁で、党の失速を肌で感じていたことを明かした。結果は、組織力を生かした自民党の…

  • 【衆院選】戦いの軌跡(中)[3区]御法川氏、組織力勝る

     「希望の党が無党派層を引きつけるのではないかと思ったが、それほどではなかった」。秋田3区で当選を果たした自民党の御法川信英氏(53)は、衆院選をこう振り返った。10万7432票を獲得、5度目の対決と…

  • 改憲議論加速か、県内の声 自衛隊明記に期待、懸念

     自民党が衆院選の重点公約の一つに憲法改正を掲げ、与党で3分の2の議席を維持したことで、改憲を巡る議論が今後、加速しそうだ。だが、県内でも憲法改正についてはさまざまな意見があり、議論が深まっているとは…

  • 【衆院選】戦いの軌跡(上)[2区]「法相答弁」肉薄許す

     次点との差は1672票―。辛くも4選を果たした自民党の金田勝年氏(68)は、公示前から異例の選挙戦を展開した。5カ所で開いた決起集会に菅義偉官房長官や二階俊博幹事長ら閣僚や党幹部が相次ぎ出席。法相と…

  • 1票の格差、男女3人が提訴 衆院選、秋田1~3区

     秋田県選挙区に関しては、県内の有権者の男女3人が23日、県選挙管理委員会を相手取り、秋田1~3区の選挙無効を求める訴えを、仙台高裁秋田支部に起こした。

  • 「国民、安定感を評価」 佐竹知事、衆院選でコメント

     佐竹敬久秋田県知事は23日、衆院選で自民、公明両党が3分の2の議席を獲得したことに関し「野党が分裂し、核となる政党の存在が分かりにくかった。内外とも多難な状況で安定した運営ができる自公政権の継続に国…

  • 政権に何望む 県民の声、政策実行への訴え多く

     22日投開票の衆院選で自公が大勝し、秋田県3小選挙区はいずれも自民党が制した。県民からは「子育て支援に力を」「地方活性化の議論を」など、政策の実行を望む訴えが多い。新政権に何を求めるのか、県民の声を…

  • 県内当選者、投開票から一夜 選挙振り返り、抱負語る

     衆院選の投開票から一夜明けた23日、本県小選挙区を制した3人と比例東北で当選した2人は、事務所などで選挙戦を振り返り、抱負を語った。

  • 当確者速報

    21:23田畑  毅自・前比例(東海)
    16:44吉川  元社・前比例(九州)
    16:44下地 幹郎維・前比例(九州)
    16:23古川  康自・前比例(九州)
    15:05岩田 和親自・前比例(九州)

    党派別獲得議席

    党派名 小選挙区 比例代表 合計 公示前
    自民 215 66 281 290
    希望 18 32 50 57
    公明 8 21 29 35
    共産 1 11 12 21
    立民 17 37 54 16
    維新 3 8 11 14
    社民 1 1 2 2
    日こ - 0 0 0
    諸派 0 0 0 0
    無所属 26 - 26 37

    定数は465(公示前は475)。諸派は新党大地、幸福実現党など。追加公認された当選者は無所属の扱いとします。

    ページトップに戻る