県産牛の挑戦 全国和牛能力共進会

 「和牛の五輪」とも呼ばれ、5年に1度開かれる国内最大の和牛品評会「全国和牛能力共進会(全共)」が、7日から5日間の日程で仙台市で開かれる。前回の2012年長崎大会では、県有種雄牛(しゅゆうぎゅう)「義平福(よしひらふく)」の子の枝肉が過去最高の2位を獲得し、県産牛の知名度が高まった。今回さらなる飛躍を目指す県内農家や関係者の取り組みを紹介する。