Loading...
大館・きりたんぽ

新鮮! 本場の味のとりこきりたんぽ、歴史にも興味

 秋田魁新報社「秋田の魅力発信」編集長の佐々木希さんが、秋田の代表的な郷土料理・きりたんぽを取材した。

 訪ねたのは、きりたんぽの「本場」大館市で農家女性らが運営する体験交流型直売所「陽気な母さんの店」(石垣一子代表)。農産物の直売だけでなく、観光客らがたんぽ作りを体験し、きりたんぽ鍋を味わえる。このため、修学旅行の訪問施設などとしても人気が高まっている。

 希編集長はまず、石垣代表の案内で取れたての農作物が並ぶ直売所を見学。独特の辛みが特徴の伝統野菜、しぼり大根に「買って帰りたい」と興味津々。山積みに陳列されたきりたんぽを見て「新鮮なものが食べられるのはさすが本場」と語った。

新鮮な農産物が並ぶ直売所で石垣代表を取材する希編集長

 きりたんぽが大好物で東京でも自分で調理して食べているという希編集長。「藩政時代、山で働く人たちが保存食としてご飯を杉の棒に巻いて焼いたのが始まり。それが、おもてなしの鍋料理に進化した」など、諸説あるきりたんぽの由来に耳を傾けた。

 続いて希編集長は体験室に移り、たんぽの特徴である「半殺し」に挑戦。「ご飯がつぶされパチパチと音がするまで、全身に力を入れて―」との石垣代表のアドバイス通り、力を込めてすり鉢のご飯をすりつぶした。

ご飯をこねて、たんぽ作りに挑戦する希編集長

 できたてのたんぽは、大館地区こだわりの具材である比内地鶏、ささがきゴボウ、マイタケ、ネギ、セリとともに地鶏スープが張られた鍋で煮て完成。「セリは『馬の鼻息で火が通る』と言われるほど煮えるのが早いので、最後の最後にさっと煮るだけ」との石垣代表の説明に希編集長はうなずきながら、できたての熱々に舌鼓を打ち「本場で食べるとおいしい」と感激していた。

石垣代表から大好きなきりたんぽを取り分けてもらう希編集長

DIGEST

Nozomi Eye希編集長が取材先で撮影したフォト

一味違うベテランの手つき
これが、本場こだわりの具材

秋田の宝みーつけた!!

 親類が住んでいる大館市には幼い頃から毎年のように訪れています。きりたんぽも慣れ親しんだ、言ってみれば舌に刷り込まれたおばあちゃんの味なのです。石垣代表をはじめとする「陽気な母さんの店」の皆さんのおかげで、この大好きな郷土料理の知識を深め、本場の味を堪能することができました。

 誕生の歴史は古く、県北地区の山で働く人たちの保存食が原型だそうです。山に来た殿様をもてなすため、この保存食を山で取れた鳥の肉やキノコを一緒に煮て食べてもらったのが鍋料理としての始まりとの説もあることが分かりました。おもてなしの気持ちが、今でも一人一人に取り分けて提供するという食のスタイルとして残っているということも興味深いですね。

 たんぽ作りも体験しましたが、想像以上に力が要ることに驚きました。また、具材にこだわり、煮る順番にも決まりがあることも知りました。特に、セリについては、食感と風味を生かすためさっと火を通す程度にするという本場の流儀は大いに参考になりました。

 東京でも、きりたんぽは自分で作ってしょっちゅう食べています。でも、本場の味はさすがでした。スープは味わい深く、たんぽもできたての香ばしさがありました。自分で作ったたんぽをその場で味わうのは最高です。作ってよし、食べてよし、やはり本場の魅力は飛び抜けていました。

(佐々木希編集長)

ページトップに戻る