作品募集

 第35回「さきがけ文学賞」の作品(小説)を募集します。同文学賞は直木賞作家の故渡辺喜恵子さん(北秋田市出身)と秋田魁新報社の寄付金で設立された「公益財団法人さきがけ文学賞渡辺喜恵子基金」が運営しています。

 ※第35回の募集は終了しました。

  • 入選 1編 正賞・ブロンズ像 副賞・50万円
  • 選奨 数編 賞金各5万円

(入選、選奨の各受賞者にはANAからペア航空券がプレゼントされます。いずれの作品も秋田魁新報に連載されます)

選考委員
西木正明さん、高橋千劔破(ちはや)さん、諸田玲子さん
応募要領
未発表の小説(1人1編に限る)。同人誌などへの発表作品は対象外。題材は自由。400字詰め原稿用紙換算で100枚以上150枚以内を厳守。パソコンやワープロによる活字プリント(縦書き、30字×40行)も可。筆名は自由。原稿の表紙に郵便番号、住所、氏名(本名)、生年月日、職業、略歴、電話番号を明記。締め切りは2018年6月30日(当日消印有効)。宛先は〒010-8601、秋田市山王臨海町1の1、秋田魁新報社内、「さきがけ文学賞」事務局。
審査
予備選考を経て最終候補作品を選考委員が審査し、受賞作を決定。
発表
18年11月上旬ごろ、秋田魁新報の紙面および電子版(www.sakigake.jp)で。
お断り
応募作品は返却しません。また選考経過などの問い合わせには一切応じられません。入賞作品の出版権などは基金に帰属します。
主催
公益財団法人さきがけ文学賞渡辺喜恵子基金
協賛
ANA(全日本空輸)