MENU

日々の発見、出会いが魅力
新聞に励まされ記者志す

社会部・加藤広大

現在の仕事とやりがい

 事件や事故の取材を主に担当しています。交通事故や火災、傷害事件などが発生した場合、急いで現場に向かいます。写真を撮影し、現場の近くに目撃した人がいれば聞き込みなどをします。その後、警察や消防に詳しい内容を取材します。

 また、秋田市内を中心に地域の話題(イベントや表彰状の贈呈式など)も取材しています。何かに打ち込んでいる人に話を聞かせてもらう機会が多く、日々新たな発見や出会いがあるのがこの仕事の魅力です。
 高校までずっと秋田で育ちましたが、そんな自分でもまだまだ知らなかった「秋田の良いところ」に気づかされる毎日です。

インタビュー

入社のきっかけは?
 ずっと野球に打ち込んできて、高校の時に甲子園予選で敗退した際、新聞で記事にしてもらったことが、最初のきっかけです。負けて落ち込んでいましたが、記事を読んでとても勇気づけられたのを覚えています。自分も新聞記者になり、誰かに元気を与えられるような存在になりたいと思いました。
休日の過ごし方は?
 映画やドラマを見たり、ドライブをしたり、友人や家族と食事をしたりしてリラックス。仕事とメリハリをつけることを意識しています。
将来の仲間へメッセージをお願いします
 困った時など、何でも相談に乗ってくれる頼もしい先輩方ばかりです。私自身、入社前は心配も大きかったのですが、「この会社に入って良かった」と思っています。

プロフィル

社会部・加藤広大

2021年に入社し、社会部に配属。事件や事故、裁判などの取材のほか、秋田市内を中心に地域の話題も担当。秋田県潟上市出身。

※所属、内容は取材当時のものです
※撮影時のみマスクを外しています