【延期】ひとり昭和歌謡祭in鹿角

お気に入りに登録

大阪府出身、仙台市在住シンガー・ソングライターのティーナ・カリーナによる単独公演。ティーナ・カリーナは、2012年、26歳でメジャーデビューを果たした。関西弁で歌うバラード「あんた」が話題となり、同年の日本レコード大賞新人賞を受賞した。

「ひとり昭和歌謡祭」は東日本大震災の被災地を勇気づけようと14年から始め、本県では18年の開催に続き2回目。今回の鹿角公演では美空ひばりやテレサ・テンなどの昭和歌謡約20曲を披露する。本県にちなんだ歌も用意する予定。

チケットは、鹿角市文化の杜交流館コモッセ、ローソンチケット、チケットぴあなどで販売。

※新型コロナウイルスの感染拡大に伴い延期となった。日程は未定(2020年3月14日)。

開催日
4月18日(土)
開催市町村
鹿角市
場所
鹿角市文化の杜交流館コモッセ
料金
一般3000円(当日3500円)、高校生以下1000円(同1500円) ※全席指定
問い合わせ先(1)
鹿角市文化の杜交流館コモッセ
問い合わせTEL(1)
0186-30-1504

このイベント内容について、問題や変更がある場合は、こちらからお知らせください。

同じキーワードのイベント情報

同じキーワードのニュース