企画展「あきた遺跡発掘物語」

お気に入りに登録
イベントのイメージ画像
県埋蔵文化財センターで開かれている企画展「あきた遺跡発掘物語」

1981年10月開設の県埋蔵文化財センターが行い、発掘した遺跡の数々を出土品やパネルなどで紹介する企画展。展示を入れ替えながら行う。企画展は時代別に出土品を並べ、当時の生活の様子を記した文章や調査員の感想なども添えた。

古代の城柵跡である払田柵跡については、外郭南門屋根を飾ったと推定される瓦のほか、建物跡から見つかった硯、陶器などが並ぶ。

旧石器のコーナーは、資料のうち最も古い3万3千年前の縄手下遺跡(能代市)のナイフ形石器などを展示。中世では鉄製品を生産していた堂の下遺跡(三種町)の出土品、近世では久保田城跡(秋田市)の周辺から発見された女性の装身具や生活用品などを並べている。

7月11日まで、新型コロナウイルスの影響で報告会を中止した2020年度の発掘調査の速報展も行っている。

開催日
2022年2月27日(日)まで
時間
9:00~16:00
開催市町村
大仙市
場所
県埋蔵文化財センター
料金
入場無料
問い合わせ先(1)
県埋蔵文化財センター
問い合わせTEL(1)
0187-69-3331

このイベント内容について、問題や変更がある場合は、こちらからお知らせください。

同じキーワードのイベント情報

同じキーワードのニュース