冨田伊織 新世界「透明標本」展

お気に入りに登録
イベントのイメージ画像

「透明標本」は、タンパク質を酵素により分解し、肉質を透明に、そして硬骨を赤紫、軟骨を青に染色するという骨格研究の手法をベースに作られる。魚類やは虫類など生物の骨格に鮮やかな色彩が施された「透明標本」の美しさは、生物でありながらまるで鉱物で形作られたかのよう。

制作者の冨田伊織さんは、北里大学水産学部在学中に研究用の透明骨格標本に魅せられ独自に制作を始め、2008年から透明標本作家として本格的に活動。

本展の開催にちなみ、ぬりえチャレンジを実施する。ぬりえを美術館受け付けに提出すると、当日券購入時に団体料金でチケットを購入できる。本ページからぬりえ用紙をダウンロードし、自宅などで完成させてから会場に持ち込む。

開催日
7月9日(土)~8月28日(日)
時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
開催市町村
秋田市
場所
県立美術館・県民ギャラリー
料金
一般・大学生800円(当日1000円)、中・高校生600円(同800円)、小学生400円(同500円)、未就学児無料
その他
主催:透明標本展実行委員会(秋田県、秋田魁新報社、秋田朝日放送、公益財団法人平野政吉美術財団)

このイベント内容について、問題や変更がある場合は、こちらからお知らせください。

同じキーワードのイベント情報

同じキーワードのニュース

注目のイベント