東北iツアーズ(Tohoku i Tours)

業務案内

個人旅行
 国内外ともにお客さまのご予算、ご要望に合わせ、日程、目的地、交通機関、宿泊先などをチョイスしてご提示します。お一人様、新婚さん、ご夫婦、ご家族、少人数のグループまで、いかようにも対応させていただきます。
募集型旅行
 筆頭株主である秋田魁新報社のツアーブランド「さきがけの旅」をプロデュースしています。国内外合わせて年間15本以上を催行、すべての面でワンランク上の満足度をご提供しています。
職場旅行
 寝食を共にすることでコミュニケーションが深まれば、職場に新たな活力が生まれます。若手から経営陣までの誰もが「参加して良かった」と思えるような充実した内容をご提案いたします。
研修旅行
 仕事に必要な情報に接し、スキルアップにつなげる研修は、目的を明確に掲げ、それに合った環境に身を置くことが求められます。必ずや成果が得られるよう、万全の体制でサポートします。
報奨旅行
 企業の販売戦略に重要な意味を持つのがインセンティブツアーです。「報奨」にふさわしい豪華さや、工夫を凝らしたプログラムが望まれます。ご希望を最大限かなえられるようお手伝いいたします。
トータルコーディネート
 企業や団体では出張をはじめ、さまざまな旅行機会が発生します。どんな目的にも対応し、発注する旅行業務すべてを一括して請け負うことで、ご担当セクションの負担を大幅に軽減します。
インバウンド
 東北地方へのインバウンド(訪日外国人客)が少ないのはなぜでしょう? それを議論するといろんな理由が挙げられます。
「東日本大震災の風評被害がいまだに消えていない」
「魅力的な観光資源があっても知られていない」
「交通ネットワーク整備が十分でない」
「通信環境が整っていない」
「外国語の案内が少なすぎる」
「接客業者ですら外国人に慣れていない」
 そのほかにも山ほど指摘が飛び交います。

 どれも「正解」なのかもしれません。しかし、そこへ行きたいと思う動機が確かならば、多少の不便さは我慢して目的を達成しようとするはずです。それは辺鄙な山奥の温泉に都市部の住民が殺到した「秘湯ブーム」で立証されています。
 だから私たちは決して悲観していません。秋田を、東北を外国の方々に知ってもらう努力と、流行語にもなった「おもてなし」の心を外国人にも伝わるように具現化することで、この地域にインバウンドを呼び込むパワーが生まれると信じているからです。
 特に必要とされているのが、秋田、東北地方でのランドオペレート業務です。私たちは、いつ、どこに、何があるかをすべて把握し、目的に合わせて宿泊先や食事場所、交通機関などを手配します。秋田そして東北一円を多数の外国人客が闊歩する日を夢見て、できることすべてに取り組みます。