JR追分駅の改装工事終了 外装や柱に県産材

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
リニューアルしたJR追分駅
リニューアルしたJR追分駅

 秋田市金足にあるJR奥羽線追分駅の駅舎改装工事が、21日に完了した。外装や柱などに県産材を用いるなど、駅周辺の豊かな自然と調和するデザインに仕上がっている。

 駅舎は木造平屋建てで、鉄骨の風除室を含む面積は約162平方メートル。待合室は以前より約8平方メートル広い41・5平方メートルで、20人が座れる椅子を設置した。外観には、近接する小泉潟公園で見られるモミジがあしらわれている。

(全文 399 文字 / 残り 208 文字)