昨年10月に2人死亡、事故防止へ思い新た 小又峡で慰霊祭

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
渓流に花を流し、黙とうをささげる参列者
渓流に花を流し、黙とうをささげる参列者

 秋田県北秋田市の渓谷・小又峡で昨年10月、景勝地を巡るツアーで参加者とガイド計2人が渓流に流され亡くなった事故を受け、2人が利用した遊覧船の運営会社が29日、慰霊祭を開いた。市やツアーを主催した旅行会社の関係者、遺族ら30人が黙とうをささげた。

 参列者は遊覧船に乗り、太平湖北側の湖畔から対岸の小又峡桟橋へ移動。2人が流された橋の近くの岩場まで徒歩で向かい、神事の後に花を手向けた。

(全文 465 文字 / 残り 273 文字)