コロナで受動喫煙3割増 外出自粛、在宅勤務が影響

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナと喫煙に関する調査結果
新型コロナと喫煙に関する調査結果

 国立がん研究センターは31日、新型コロナウイルス流行による外出自粛や在宅勤務の影響で、たばこを吸う同居人からの受動喫煙が増えたと答えた人が33・7%に上ったとする調査結果を発表した。31日は世界保健機関(WHO)が定めた「世界禁煙デー」。同センターの平野公康研究員は「自宅にいる時間が長ければ受動喫煙の機会が多くなり、健康への影響が懸念される」としている。

 喫煙者はコロナに感染した際の重症化や死亡のリスクが高いことが示されている。同センターは今年3月、たばこを吸う人と吸わない人それぞれ千人の成人にアンケートした。