遠い風近い風[小嵐九八郎]自殺率の低い町、島

お気に入りに登録

 太宰治や川端康成や三島由紀夫の文学と自死に至る過程については読んだことがあるけれど、その死と心の病については未(いま)だ目に触れていない。そして、普通の自殺の原因は、内閣府の白書だと「病苦・健康問題」と「生活苦・経済問題」が7割だとあり、心の病がどのくらい関係するのかは必ずしも明白ではない。が、無縁ではないだろう。

 一昨年の人口動態統計だと、秋田県の自殺率が再びワーストとなった。俺の身近なところではかみさんの父親が1945年の敗戦直後に侵略していた上海(シャンハイ)の商社マンだったけど、その日記によると精神的に参り自殺している。かみさんの姉も鬱(うつ)病で手首を切ることを繰り返し、とどのつまり抗鬱薬を何十年も飲んだからと当方は勝手に推理しているけれど胃癌(がん)で死んだ。

(全文 1293 文字 / 残り 952 文字)

この連載企画の記事一覧