街路樹きらきら 冬の空気と雪を表現 横手市雄物川

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ケヤキに取り付けられたイルミネーションを見上げる保育園児

 秋田県横手市雄物川地域局前を電飾で彩る「おものがわイルミネーション」が9日、始まった。発光ダイオード(LED)電球約1万5千個が街路樹に取り付けられ、来場者を楽しませている。来年1月8日まで。

 冬の澄んだ空気と雪をイメージし、白のLED電球を主に使用。高さ約8メートルのケヤキ8本に飾り付けた。雪の結晶や星形の黄や青の電飾も取り付けた。

(全文 389 文字 / 残り 220 文字)

同じキーワードのイベント情報